内蔵脂肪を減らすには

からだの中にたまってしまった内臓脂肪はなにもしなくても自然に減っていくものではありません。内臓脂肪を減らすためのダイエットという努力をしない限り内臓脂肪は絶対に減りません。逆になにもしないで放置し続けるとさらに脂肪がたまります。内臓脂肪を減らすには脂肪を減らすための努力、つまりダイエットにしっかり取り組むことが必要なのです。

内蔵脂肪を減らすにはカロリーコントロールが必要

まず取り組むべきは食事から摂るカロリーと消費するエネルギー量とのバランスをしっかり考えたカロリーコントロールであると言えます。

食事での摂取カロリーが消費できるエネルギー量を上回っている限り内臓脂肪を効果的に減らすことはできないと言えます。むしろ内臓脂肪がどんどんたまってしまいます。内臓脂肪がたまる原因は食事から摂ったカロリーがエネルギーとして消費し切れずに余剰カロリーが出てしまうことが問題なのです。余剰カロリーは脂肪に合成されてエネルギー源としてからだの中に蓄積されます。それゆえ、常に余剰カロリーが生じてしまうような食事を続けていると内臓脂肪がどんどん体内にたまり続けてしまうのです。

カロリーコントロールでのコツは摂取カロリーよりも消費エネルギー量が上回るようにすることです。そのためにはまずは食事での摂取カロリーをできるだけ抑制するようにします。

肉や脂っこい食べ物は高カロリーなので避けるようにして魚や野菜などのカロリーが低めの食事を中心にします。できるだけ低カロリーの食事を心がけることは内臓脂肪を効果的に減らすための基本になると言ってよいでしょう。

消費エネルギー量を上げる

消費エネルギー量を上げるための基本はとにかくからだをしっかり動かす習慣を身につけることです。それゆえ、1日中椅子に座ってテレビを観ている、パソコンにしがみついているような生活習慣は消費エネルギー量が落ちてしまうので改めましょう。

消費エネルギー量を手軽に効率よく上げられるのはウォーキングなどの有酸素運動です。有酸素運動は消費エネルギー量をアップさせると同時にからだにたまった脂肪を燃やす効果もあるので一石二鳥です。

内臓脂肪を減らすにはどうしたらいい?

内蔵脂肪がからだにたまる理由

内蔵脂肪がたまって太ったのをすぐに痩せさせたいのなら内臓脂肪がこれ以上からだに蓄積されないように対処することが先決です。すぐに痩せる方法に取り組む一方で、内臓脂肪の蓄積を抑制しないとダイエットで脂肪を減らしてもまた脂肪がついてしまうことになるからです。

そのためには内臓脂肪が蓄積する元凶を断ち切ることが必要です。内臓脂肪がからだにたまる原因はもっぱら食事内容や食習慣にあると言ってよいでしょう。いつも過食してしまう、肉ばかり食べる、天ぷらや揚げ物などの油をたくさん使った食事が中心、脂質や糖質たっぷりのケーキや甘いお菓子を必ず3時のおやつで食べる習慣がある、真夜中に夜食を食べることが多いなど、摂取カロリーを無視したような食事内容や不規則な食習慣の人は内臓脂肪をため込みやすい人と言ってよいでしょう。

他方、摂取カロリーに注意して節制した食事をしているような人は内臓脂肪がたまり難いと言えます。それゆえ、これまで好きなものを好きなだけ食べていることで内臓脂肪がたまった人は一度自分の食事内容や食習慣をしっかり見直してカロリー過多の食事と感じたら摂取カロリーを抑えた食事に切り替えることがすぐに痩せる方法の基本になると考えられます。

内蔵脂肪の蓄積を抑制できる食品

カロリー過多の食事をしていたなら食事内容を見直す、夜遅くに夕食を摂る真夜中に夜食を摂る、間食の習慣がある、甘いモノを食べ過ぎてしまう、朝食を抜いて夕食でたらふく食べるなどの不規則な食習慣を見直すと同時に、内臓脂肪の蓄積を抑制できる食品を毎日の献立に積極的に取り入れることも必要なのです。

内蔵脂肪の蓄積の抑制に効果が高いのは青魚に含まれているオメガ3脂肪酸です。アジやサバ、イワシやマグロなどにオメガ3脂肪酸は含まれています。オメガ3脂肪酸は血中の中性脂肪やコレステロール値を下げて血流をサラサラにします。中性脂肪やコレステロール値が下がれば脂肪に合成され難くなるので内臓脂肪の蓄積を防げます。

停滞して蓄積された脂肪を流動的にして血管内や肝臓のコレステロールをすっきり排出する作用があるイノシトールを含んだ食事も摂りたいものです。イノシトールが含まれているのはトマト、グレープフルーツ、オレンジ、桃などです。野菜も必要です。特にキャベツの食物繊維は腸内の脂肪を吸着して体外に排泄する作用があるのでオススメです。

炭水化物が太る理由

内臓脂肪がたっぷりたまって太った方の中にはごはんやパンが大好きといった人は多いのではないでしょうか。ごはんやパンの炭水化物は太る原因となります。

しかし、ごはんやパンなど太る原因になる脂肪分がない炭水化物はなぜ太る原因になるのでしょうか?実は炭水化物にたくさん含まれている糖質が問題なのです。そして、炭水化物は肝臓の働きとも密接な関係があることで太る原因となってしまうのです。

肝臓はごはんやパンなどの炭水化物をストックする役割があります。肝臓が一度に口から摂取した炭水化物をエネルギー源として蓄えられるのは100g程度の炭水化物と言われています。そして、肝臓にエネルギー源として蓄えきれなかった残りの炭水化物の糖質は脂肪合成の材料としてからだの中にため込んでしまいたくさんため込むと胃や腸などの臓器のまわりに蓄積されて内臓脂肪となり太る原因となるのです。つまり、炭水化物の糖質は脂肪に変わり易いということなのです。

炭水化物抜きダイエットは効果が高いのか?

炭水化物の糖質は脂肪に変わり易いので炭水化物抜きダイエットは効果が高いと言ってよいと思います。とあるダイエットに関する口コミでは炭水化物抜きダイエットの成功率は他のダイエット方法に比べると約40%高いそうです。

炭水化物抜きのダイエットには他にもメリットがあるようです。炭水化物のごはんやパンは急激に血糖値を上げるので炭水化物を抜けば血糖値の変動が少なくなるのでダイエットのストレスも感じ難くなると言われているのです。

また、ライフスタイルを大きく変える必要もなく単にごはんやパンなどを抜くだけなのでダイエット食事の用意も面倒ではありません。さらにごはんやパンの代わりに野菜や太り難い鳥のささみ肉などを食べる量が増えることで他の食事制限に比べて満足感が得やすいとのポジティブな意見も少なくないのです。

炭水化物抜きダイエットでもよいのですが、3大栄養素の1つとなる炭水化物を一切抜いたダイエットは少し不安といった方なら1日の炭水化物での糖質摂取量を20g~50g程度に決めて昼だけは食べるようにするといった方法でもよいと思います。

炭水化物抜きダイエットは長く続けると健康面を損なう可能性があるので期間を決めて取り組むようにした方がよいと思います。たとえば1日3食すべて炭水化物抜きなら2週間~1ヶ月程度がダイエット期間の目安と考えてください。

すぐ痩せられる食事療法

夏までにあと1カ月!太ったからだをなんとかしたい!ところで短期間で痩せられるダイエット効果が高い食事療法ってあるのでしょうか?そんなダイエットでの緊急の課題を抱えている人にオススメしたい短期間でダイエット効果が見込める食事療法をご案内します。

炭水化物抜きダイエット

炭水化物を抜いたダイエットに取り組んだら1週間で4㎏も体重が落ちたといった口コミもあるように炭水化物を摂らない食事療法は他のダイエットに比べるとかなり効果が高いと言ってよいのです。

取り組み方は簡単でごはんやパン、麺類やイモ類の炭水化物を一切摂らないようにすればいいだけです。もちろんポテトチップスもダメです。朝はグレープフルーツとヨーグルト、昼と夜は脂肪分の少ない鶏肉のささみやフィレ肉などの肉や魚を少し多めに摂って野菜は1日3食食べるようにします。これだけですぐ痩せられる食事療法となります。

 8時間食事療法ダイエット

この食事療法のルールは至って簡単で、朝起きてから8時間以内ならなにを食べてもOKといったものです。ただし食べ過ぎはNGです。

たとえば、朝7時に朝食を食べたら午後3時まではなにを食べてもOkですが、午後3時以降は食べ物を一切口にしてはいけません。1日の最初の食事が12時の昼ごはんなら夜8時までは好きに食べることが可能ですが午後8時以降はなにも食べてはいけません。この食事療法に取り組んだ人では1週間で4.5~5㎏くらいダイエットできたといった体験談があります。

置き換えダイエット

この食事療法はすでに知っている方も多いと思うので実際に実践した人も多いのではないでしょうか。ダイエット方法としては1日3食のうち1食だけは低カロリーでヘルシーな食材に置き換えて食べるのです。たとえば、オススメは「昼には白いモノ」を食べると言った置き換えダイエットです。そこでオススメなのは豆腐です。昼ごはんには一丁の豆腐に好きな薬味やキムチ、塩からなどの発酵食品を絡めて食べるのです。豆腐が苦手な人はヨーグルトのみの昼食や野菜ジュースのみの昼食でもOKです。1カ月で最大8㎏も体重が落ちたとの体験談があります。

内蔵脂肪がたまる原因は運動不足?

内蔵脂肪がからだにたまって太ってしまう原因はカロリーの摂り過ぎがいちばんの原因ですが、摂取カロリーを消費するエネルギー量の低下も大きな原因です。

食事から摂取したカロリーは消費することで脂肪としてからだにたまるのを防ぎます。しかし、消費エネルギー量が小さくなってどうしても摂取カロリーが余ってしまうような状態だと余剰カロリーは脂肪に合成されてからだの中に蓄積されて内臓脂肪となってしまいます。

消費エネルギー量は基礎代謝量と密接な関係があるので基礎代謝量が低いと消費エネルギー量も小さくなって内臓脂肪がたまり易くなります。が、運動に取り組めば運動することで摂取カロリーをエネルギーに変えて消費できるので内臓脂肪がつかなくなります。また、基礎代謝量が低い人では運動不足や運動をしていないといったことが原因となるケースが多いのです。

脂肪はエネルギーに変換して燃やして減らす

からだの中に蓄積されてしまった内臓脂肪はエネルギーに変換することで燃やされて消費されて減らすことが可能となります。

内蔵脂肪は代謝が活発なので燃え易く減らし易いと言えます。内臓脂肪を積極的にエネルギーに変えて燃やして減らすには運動に取り組むのがいちばんの方法です。しかし、運動ならなんでもよいと言う訳ではありません。内臓脂肪の減少に特に効果がある運動に注目して取り組むことが大切です。

有酸素運動は内臓脂肪の減少に即効果あり

運動して内臓脂肪を燃やして減らすとなると、かなりハードな運動をする必要があると多くの人は考えてしまうのではないでしょうか。が、実は汗だくになるハードな運動は内臓脂肪の燃焼にはそんなに効果が高くないのです。その理由は、脂肪を燃焼し易い状態に分解するリパーゼ酵素の働きをかえって阻害してしまうからです。ハードな運動をすると体温が上昇してリパーゼ酵素の働きを低下させてしまうのです。それゆえ、内臓脂肪を燃やし易くするリパーゼ酵素の働きを活性化できるような運動をすることが大事なのです。

オススメはウォーキングなどの有酸素運動です。有酸素運動は体温をゆっくり上げてリパーゼ酵素がもっとも働き易い体温に保持してくれるのです。加えて、内臓脂肪をからだの中で燃やすために必要な酸素を運動しながらたっぷり体内に取り込めるので燃え易くなった脂肪を効率的に燃やして減らすことができます。

痩せやすいからだになる

内蔵脂肪を減らすダイエットでは痩せやすいからだに作り変えることが大事です。カロリーコントロールした食事ダイエットをしているけどすぐに体重が元に戻ってしまう、体重の減少が停滞してしまったといった経験がある人はいると思います。

摂取カロリーを抑制して最初のうちは効果が出るが時間が経つと効果が停滞してしまうといった人は基礎代謝量の低下が大きな原因と言ってよいかもしれません。基礎代謝量が落ちると基本的に太り易い体質、肥満になり易い状態となるので摂取カロリーを制限してもなかなかダイエット効果が出なくなってしまうのです。

基礎代謝量は呼吸する、心臓を動かす、いろいろな臓器を働かせる、眠る、体温を調整するといった生命維持に最低限必要になるエネルギー消費量となります。基礎代謝量は摂取カロリーのうちで8割くらいのカロリーを消費することになると言われています。それゆえ、基礎代謝量が低い人は摂取カロリーが余りがちとなって余ったカロリーは脂肪に合成されてからだにため込まれてしまうのです。つまり、太り易い体質と言うことです。基礎代謝量をアップさせて太り易いからだを痩せやすい体質へと作りかえれば食事制限ダイエットなどの効果はしっかり出ますしダイエット効果にさらに弾みをつけることも可能となります。

基礎代謝量をアップさせる方法

基礎代謝量は筋肉量と深い関係があります。筋肉は維持する、筋肉を使う時にエネルギーを消費します。それゆえ、筋肉量が多いと消費できるエネルギー量も多くなり痩せやすい体質になると同時に、たまった内臓脂肪を消費し易いからだにもなります。

筋肉量が増えて基礎代謝量もアップすると運動をしていない時でも、椅子に座ってパソコン操作をしている時でも体内で脂肪が燃えるようになります。基礎代謝量をアップさせるためには筋肉量を増やせる筋トレがいちばんのオススメです。

たとえば、部屋の中で簡単にできる腹筋運動やスクワット運動の筋トレはオススメです。また、階段や坂道を上り下りするスローピングといった運動も筋肉量を無理なく増やせる筋トレです。

スローピングは平地を歩くよりも筋肉に負荷がかかるのでからだへの負担が少なく筋肉量を増やせます。さらにスローピングは体内で脂肪を燃やす効果もあるので筋肉を増やしながら内臓脂肪を燃やして減らせる一石二鳥の運動です。

スロートレーニングダイエット法

スロートレーニングのダイエット方法がオススメな理由は、からだや関節に無理な負担をかけずにケガをする危険性も低いので継続的なダイエットに取り組めるからです。ダイエット効果も高くて激しい運動や過度の食事制限をする必要もありません。

スロートレーニングのダイエット方法でのメリットは軽い負荷で長い時間にわたって筋肉を刺激し続けられ、加えて普段あまり使わない筋肉までしっかり使えるので通常の筋トレよりも高い効果が得られることです。つまり、効果の高い筋トレとなるので筋肉を強くする、筋肉量を増やせることで痩せやすく内臓脂肪を燃やしやすい基礎代謝量をアップさせることができるのです。

スロートレーニングダイエット法をすると筋肉の発達と新陳代謝を高める成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンには脂肪を分解して燃焼させる効果があると言われています。それゆえ、スロートレーニングダイエット法に取り組めば成長ホルモンがたくさん分泌されることで痩せやすい状態になれるのです。

さらに時間をかけてゆっくりした動作で行うので筋肉への負担が少なく力も要らないので女性でも取り組みやすい筋トレと言えます。そして、からだや筋肉への負荷が軽いので筋肉痛や筋肉障害になり難いので毎日取り組める点は大きなメリットとなります。毎日取り組めるので特に女性のスタイル維持やシェイプアツプにも対応可能です。

スロートレーニングダイエット法のメニュー

スロートレーニングダイエット法のメニューでまず取り組みたいのは腹筋メニューです。椅子に腰かけて両手は横におさめます。両足を伸ばして1秒間両足を止めたあとにゆっくり3秒くらいかけて両足の膝を胸近くまで曲げます。そして、胸近くまでもってきた両膝をゆっくり前に伸ばしながら3秒くらいかけて伸ばして元の状態に戻します。

もう一つは太ももを鍛えるメニューです。床などの平らな場所で四つん這いになって肩幅にあわせて手足をいっぱいに開きます。そして、息を吐きながらゆっくりと左足と右手を水平に上げてこの状態で10秒くらいキープします。今度は右足と左手を水平にして同じようにキープします。この運動を何回か繰り返すだけでOKです。

スロートレーニングダイエット法のメニューでのコツは最初は無理しないで自分ができるペースから入ることです。慣れてきたら少しずつ回数を増やしていきます。

ダイエットサプリの選び方

今日ではいろいろな種類のダイエットサプリが発売されているのでいざ選ぶ時にはどれがいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。基本的にダイエットサプリはたまった内臓脂肪を減らして体重を落とせる手助けになるような成分が含まれているので利用すればそれなりのダイエット効果が期待できます。

しかし、ダイエットサプリのダイエット効果を最大限に引き出して自分のダイエット効果を高めたいのであればダイエットサプリをやみくもに選んではダイエット効果での後押しはあまり期待できないと言ってよいのです。ダイエットサプリはあくまでもいろいろなダイエット方法をサポートする役割なのでダイエットサプリのみのダイエットでは効果は期待できないかもしれません。

つまり、ダイエットサプリの効果をしっかり引き出してダイエット効果に弾みをつけたいのなら自分のダイエットの目的にピッタリあった成分を含んだダイエットサプリを併用することが肝心です。

運動ダイエットには脂肪燃焼系サプリがオススメ

有酸素運動や筋トレなどの運動ダイエットをして基礎代謝量をアップさせて内臓脂肪を減らして痩せるといった目的でダイエットサプリを併用するならオススメは脂肪燃焼系サプリとなります。

脂肪燃焼系サプリの成分は新陳代謝を良くする成分や脂肪を燃焼し易く分解することで脂肪を減らすサポートをする成分が含まれているので運動による脂肪燃焼効果をさらにアップさせることができます。運動する30分くらい前に飲むと運動中の基礎代謝量をもっとアップさせて体内での脂肪燃焼をさらに促進してくれます。

食事ダイエットなら食欲抑制系サプリがピッタリです

運動はどうしても苦手なのでカロリーコントロールや食事制限にしっかり取り組む食事ダイエットを目的としている人なら食欲を抑制してくれる食欲抑制系サプリ、あるいは糖質・脂質のからだへの吸収をカットしてくれる糖質・脂質吸収阻害系サプリがオススメと言えます。

食欲抑制系サプリでは満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐレプチンの分泌を促す成分が含まれているので食事ダイエットでのカロリー摂取の抑制にひと役買えます。糖質・脂質吸収阻害系サプリでは糖質が脂肪に合成されて体内にたまるのを抑制し、かつ脂肪の吸収を防ぐ成分が含まれているので仕事でどうしても外食が避けられない人の食事ダイエットに役立ちます。

オススメのダイエットサプリ選び

どのダイエットサプリがオススメなのか実際に選ぶ時には迷ってしまうと思います。ダイエットサプリを選ぶ際の1つの基準としては安全な成分なのかといった点を注意することが必要です。

ダイエット効果が高いとの評判ある海外のダイエットサプリでは激しい下痢を誘発するような下剤まがいが含まれているものが少なくありません。そのような下剤入りのダイエットサプリを飲めば体重は落ちます。が、副作用として肌がボロボロになる、髪がパサパサになる、生理不順になってしまうなど引きおこす場合があり最悪の場合はからだを壊して病院に通うことになってしまうといった体験談はあります。

また、海外ダイエットサプリでは日本では医薬品に該当するような危険な成分が含まれているケースもあり、そのようなダイエットサプリを飲み続けると医薬品の過剰摂取となって重大な副作用を生じてしまう可能性も高いのです。それゆえ、ダイエット効果に着目して選ぶことは大切ですが成分の安全性にはしっかり目を向けて選ぶことが基本と言えます。

今オススメのダイエットサプリはどれだ?

ダイエットサプリを利用している人たちの間で今話題を集めているダイエットサプリは選ぶ際のひとつの目安になると思います。

ヒトのからだの約2割はアミノ酸で構成されているといったアミノ酸をしっかり補佐することでダイエットに必要な基礎代謝機能を整えてダイエット効果を引き出せる『肥後すっぽんもろみ酢』のサプリはダイエットサプリを利用している人たちの間で注目を集めているオススメしたいサプリの1つです。

テレビCMでも人気が集まっている血糖値の急激な上昇を抑制することで血糖値上昇による太る原因をブロックして糖質を燃焼させて太り難い体質に変えてくれる『アラプラス糖ダウン』も人気の高いダイエットサプリと言ってよいでしょう。

生きた酵母の力で糖質を強力に分解して脂肪になり難くさせて太る原因をカットしてくれると同時に痩せやすい状態にして、かつ酵母の美容効果にも注目した酵母パワーで人気の高い『カメヤマ酵母』は数あるダイエットサプリの中でも新たなタイプのダイエットサプリへの期待が高い利用者も急増しているオススメの商品です。ダイエットサプリを利用している人たちの口コミ情報で特に人気やダイエット効果の高さをうかがい知れるようなダイエットサプリを参考にして選ぶとよいでしょう。

ラクトフェリンなら健康に痩せられる

ラクトフェリンは母乳由来、牛乳由来の多機能タンパク質なので成分の安全性はお墨付きと言ってよいでしょう。ラクトフェリンの魅力は、免疫機能の改善や抗菌・抗ウイルス作用、老化防止となる抗酸化作用に加えて鉄分と結合するので貧血改善効果など幅広い健康効果にあると言ってよいでしょう。

そして、ラクトフェリンにはダイエット効果も期待できることがちかごろの研究で明らかになっているのです。ラクトフェリンの幅広い健康効果によって健康なからだになれば臓器の働きも活性化されて全身の血流もよくなることから新陳代謝機能の向上が見込めます。新陳代謝機能が向上すれば太り難く痩せやすい体質になるのですでにたまった内臓脂肪の減少も期待できます。

このようなラクトフェリンの健康効果による恩恵だけでも内臓脂肪対策に効果が期待できるラクトフェリンですがラクトフェリンにはきちんとしたダイエット効果もあるのです。

ラクトフェリンに期待できるダイエット効果

ラクトフェリンのダイエット効果ではすぐに痩せられるような即効性のダイエット効果は期待できないかもしれません。なぜなら、ラクトフェリンは他のダイエットサプリのようにダイエットに特化した成分やサプリではないからです。

しかし、ラクトフェリンのダイエット効果では内臓脂肪の減少に大きな期待がもてると言ってよいのです。具体的にラクトフェリンに期待できるダイエット効果は、脂肪がたまり難いからだにしてくれると同時にからだに蓄積された内臓脂肪を分解して減らす手助けをしてくれるということになります。

ラクトフェリンには脂質代謝機能の改善作用があり、これによって脂肪に合成され易い中性脂肪やコレステロールが体内にたまらないようにしてくれます。加えて体内にたまった内臓脂肪を分解して燃やし易い状態にもしてくれます。

内蔵脂肪はペリリピンという物質で分解され難いようにガードされていますがラクトフェリンはペリリピンの働きを弱めて分解できる状態にした上で、脂肪を分解するリパーゼ酵素の働きと強くして内臓脂肪をどんどん分解してくれるのです。

脂肪は分解されて遊離脂肪酸となることで初めて燃え易い状態になります。そして遊離脂肪酸の状態なら老廃物と一緒に体外へ排出できるので運動して脂肪を燃やしつつ老廃物と一緒に体外に排泄するダブル効果で内臓脂肪をどんどん減らせる効果が期待できます。